THE 舶来寄席 2018

瑠璃色のキューブを操る男

キューブアクト

Konstantin
コンスタンチン(モルディバ)

1990年キューブに出会い、魅了され、このアクトをさらにユニークなものにし、もっと面白くて最高の作品にできないかと考え始めた。
もともとのキューブの形状や素材を工夫することでより速く回転しより高く投げられるユニークなキューブを造りあげ、そこにアクロバティックで巧妙機敏に操る要素を注ぎ込んだ。
「よりシンプルに、よりスムーズに」と数年の改良を続けた結果、瞬く間に人気となり、数々のイベントオファーで多忙を極めてしまい競技会参加の機会は逸したものの、代わりに世界各地で活躍することとなった。

一覧に戻る

THE 舶来寄席 2018

THE 舶来寄席